〈ご支援頂いた皆様〉

農事組合法人
京津畑やまあい工房 様
(岩手県・平成20年度受賞)

にゅうかわ糀味噌研究会 様 
(岐阜県・平成22年度受賞)

清水利子 様  (岐阜県)

千葉静子 様
(宮城県・平成23年度受賞)

すずしろグループ 様
(岐阜県・平成19年度受賞)

 

 
1. 応募できるのは
  農山漁村において自主的努力を通じて地域の食文化の保存・開発とその普及に努め、そのことが地域の活力の増進に寄与しているものとして、都道府県の推薦を受けた女性グループ又は個人です。なお、男女共同参画社会の構築や女性の地位の向上の要請に配慮し、当該活動おいて女性が果たしている役割等に留意して、表彰対象を選定するものとします。
 
2. 審査基準
  以下を基準として審査します。

@地域の食文化等の保存継承
地域の郷土料理・食文化の保存や、地域の食材を活用した食品の開発等を活発に行っていること。
郷土料理や地域の食材を活用した食品等が、地域住民に広く受け入れられているとともに、都市住民に対しても積極的に情報発信がなされていること。
郷土料理や地域の食材を活用した食品等を通じて、地域内外の子ども達を含めた消費者に味の教育を進めていること。

A地域農業の振興
地域内の食材を十分活用し、かつ、当該食材の生産振興が図られていること。

B地域社会の活性化
郷土料理や地域の食材を活用した食品等を通じて、都市との活発な交流が行われているとともに、地域の活性化が図られていること。また、今後も一層の発展が見込まれていること。
当該起業活動による後継者・担い手の確保、他の起業活動への波及など、地域活力の増進に貢献していること。
 
3. 表彰件数
  農林水産大臣賞 3件
農林水産省農村振興局長賞 3件
食アメニティコンテスト審査会特別賞 3件以内
4. 応募方法・スケジュール

ご応募にあたっては都道府県もしくは市町村、農業協同組合、森林組合、漁業協同組合、のいずれかの機関の推薦が必要となります。詳しくは活動を担当されている各機関にご相談ください。

『平成28年度「食アメニティコンテスト」について』

 時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。

 食アメニティコンテストにつきましては、格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて、食アメニティコンテストでございますが、平成28年度の開催は見送りさせて頂くこととなりました。
 食アメニティコンテストへの応募をご検討頂いておりました皆様方へは、急なご連絡となり、大変申し訳ございません。
 また、多大なご迷惑をお掛けしましたことを、重ねてお詫び申し上げます。
 なお、来年度につきましては、あらためてご案内させていただきますので、よろしくお願い申し上げます。


   [問い合わせ先]
食アメニティコンテスト事務局
104-0033 東京都中央区新川2-6-16馬事畜産会館2階
一般財団法人 農村開発企画委員会  担当までご連絡ください。
TEL: 03-3297-5541 FAX: 03-3297-5543 E-Mail: shokuame@rdpc.jp
(送信時には@の全角を@半角に変更をお願い致します。)

 
研究の成果 | 財団について | 美の里づくりコンクール | 食アメニティコンテスト | リンク