郷土料理百選へ戻る
大江戸線で味わう郷土料理トップ > 中野坂上駅

中野坂上駅 現在取材中!

乃の木
乃の木

中野坂上の“パワースポット”とも言える和食処。
自慢のモツ鍋とスタッフの笑顔が元気の源だ。

中野坂上の交差点にある「ハーモニータワー」に郷土料理が幅広く揃うお店があると聞き、伺った。2階に上ると祭りに使われる丸提灯が並ぶ賑やかな店構えの和食処・酒処「乃の木」がある。こちらは東京にいながらにして、全国各地の味が楽しめるお店だそうだ。「開店当初は和食レストランとして始まりましたが、今は郷土料理を中心にご提供させて頂いております。四季を通して、各地の料理をご紹介し、人気のあるものは定番化する料理もあります。」(料理長・汐見さん)

数々のメニューの中から、今回は九州・沖縄の料理をチョイス。さっそく郷土の味を巡る旅、スタート!まずは沖縄に飛んで、「島唐辛子の一口餃子」を頂いた。皮がクリスピーピザのようにパリパリで、島唐辛子がピリリと効いて辛ウマ。次に行く前に、旅路を急ぐまいとたまらずホッピー(黒)を注文した。

つづいて黒ホッピーならぬ黒潮に乗って、鹿児島へ。鹿児島名物「大判さつま揚げ」は、まさに大判というだけはある大きさ。イワシのほかにクワイが練り込まれており、サクサクとした食感が小気味いい。すり身の旨味とほのかな甘みがホッピーにとても合う。黒潮の流れは高知へ。その昔、鯨が捕れたことで知られる高知の味「鯨のフライ」をガブリ。肉がとても柔らかく、臭みがないのはきちんと仕込みをしているからだ。

最後に福岡・博多。料理長の自信作「モツ鍋」が登場!醤油ベースのスープに白モツ・ニラ・豆腐・キャベツがドッサリ。沸騰した段階でニンニクを搾り入れるのが乃の木流だ。モツは国産牛の上モツを使用しており、噛むとプルプルとした食感が楽しく、スッと口の中で溶けるのはモツが新鮮な証拠。スープも絶妙で、あっさりしながらもコクがあり、野菜の甘みも出て旨い。この鍋を目当てに通う客がいるのも頷ける。シメに頂いたチャンポン鮗オは、ツルツルの中太麺でのどごしがとてもいい。

旬の味覚や郷土料理が楽しめる「乃の木」。料理だけでなく、店長の吉田さんやスタッフの笑顔もごちそうだ。気軽にみんなでワイワイ楽しんで欲しいお店である。

乃の木
東京都中野区本町1-32 ハーモニースクエア2F
03-5350-6855
11:30~14:30(L.O.14:00)、17:00~22:45(L.O.22:00) 土日祝休
http://www.nonoki.jp/

中野坂上駅ページ最上部へ
illustration by ケンスケミヤザキ, text by みつるボーイ
郷土料理百選へ戻る