郷土料理百選へ戻る
大江戸線で味わう郷土料理トップ > 都庁前駅
都庁前駅

  新宿の西側は、大手町、新橋などと並ぶ東京を代表するオフィス街。高々とそびえる高層ビルがひしめき合う中最も目を奪われるのは、やはり東京都庁庁舎。丸の内から都庁が移転しておよそ30年。建築家・丹下健三氏が手がけたその独特の佇まいは、強烈な存在感を放ちながらも、今やすっかり街のシンボルとして新宿に溶け込んでいる。
 その都庁のお膝元、大江戸線都庁前駅近隣の飲食店といえば、オフィス街らしくビル内に入居しているタイプがほとんど。が、画一的なチェーン店ばかりだと思うなかれ。そこは何事にもこだわるトップビジネスマンを要するエリア、食にもこだわる彼らをしっかりと満足させる名店ぞろい。このエリアを知らずして、新宿の食を語るなかれ。

亀戸升本
亀戸升本

幻の大根には、

大根であって大根でないおいしさが凝縮。

 

 入口脇に並べられる、大根の束。小振りながら不思議と力強さを感じさせる。これこそ、この店の看板食材であり、今や「幻」と言われる亀戸大根である。

 亀戸大根は、江戸時代から大正時代にかけて東京・亀戸で作られていた地元野菜の一種。かつて亀戸は肥沃な粘土質が広がり、大根栽培に適し、盛んに作られ ていた。しかし宅地化が進むと共に生産は減少。「今では葛飾の契約農家さんをはじめ、北海道、千葉、山梨で作ってもらい、なんとかお店に提供していただい ています」(店長兼料理長の絵幡さん)。確かに亀戸大根、一般的に目にする機会はほとんどない。ただ絵幡さん曰く、食材としての魅力は多数。きめが細かく 水分が少なく、どちらかというとかぶに近いという。一体どんな大根? いずれにしても、実食するのが一番。

 「亀戸大根は本当に美味しいですよ」と絵幡さんがまず持って来てくれたのは「亀戸大根寿司」。その名の通り亀戸大根を酢めしで握ってある。口の中に入れ ると…確かに大根というよりかぶ! しかしその中には間違いなく大根の香りが。間に挟まれた昆布と、上に添えられたイクラが風味を引き立てる。

 続いて「亀戸大根のふろふき」。水分が少ないからか、ダシがより濃密に染み込んでいる印象。しかも一般的なふろふきに比べ食感もしっかり。そして最後は 冬らしく「亀戸大根あさり鍋」。やはり水分が少ないためか、あさりのうまみが染み込み、大根最高!「これを麦飯にかけて食べるといいんですよ…」との絵幡 さんの言葉を実践。麦飯に適度に染み込む味噌だしと大根の歯ごたえ。何杯でも行ける。

 この美味しさは、ぜひとも後世に残すべきだ、と実感。「本当、全国の農家さんの協力あってこそ、この店は成り立っています」。頂く際には、我々も農家の皆さんに感謝しましょう。

亀戸 升本 新宿店
東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビルB1
03-3346-2161
11:30~14:30(日・祝は~15:30) 17:00~22:30(土曜は~21:00、ラストオーダーは昼30分前、夜1時間前) お盆・年末年始休
http://masumoto.co.jp/ja/shinjuku/

 

都庁前駅ページ最上部へ
乃の木
乃の木

新宿オフィス街の郷土料理は

味も値段も安心、ほっとできる

 

 新宿西口のオフィスビル「エステック情報ビル」内に店を構える老舗和食屋。酒と共に味わいたくなる多彩な食が揃うが、その中には郷土料理の名前も数多く見られる。「当店にお越し頂く常連のお客様はご年配の方も多く、安心して、ほっとできる味を好まれる傾向にあります。そういう味を提供したいと思い、行き着いたのが郷土料理でした(商品開発の椎名さん)」。

 ある地域に偏ることなく、全国の郷土料理をまんべんなく提供。「故郷の話に花が咲くのも、郷土料理の良いところ。新宿には全国の方が集まっていますから、どの地域の方にも楽しんでいただけるよう、幅広い地域の料理を揃えています」。

 この日味わった料理も東西南北多種多様。熊本特産で知られる馬刺しは、本場熊本から直送したもの。冷凍モノとの違いにビックリ! 瑞々しく臭みなく、柔らかな食感。新たな馬刺の魅力を発見。

 静岡・御前崎直送の地金目は煮付けで提供。新鮮・豪快な味わい、それでいて身がふんわりしていて香り高い。金目そのものもすごいが、それを見事に炊き上げた料理長の腕に感服。

 能登名物、肝入り丸干し烏賊は酒の肴に最高! 程よいイカの噛みごたえ、そして肝の濃密な味わい。マネージャー・雨宮さんオススメの芋焼酎、栗野しずくが進む進む。「この焼酎は一升瓶でボトルキープできるんですよ」。その金額が…また安い!

 よく見ると料理メニューもかなりのリーズナブルさ。「日常的に楽しんでいただくためには、やはり価格も大切。できるだけ良い食材を安く提供する。それが当店のモットーです(椎名さん)」。味も、値段も安心、ほっとできる。これでこそ郷土料理、ですよね。

和食処・酒処 乃の木 新宿店
東京都新宿区区西新宿1-24-1 エステック情報ビルB2
03-5322-4451
11:30~14:30 17:00~23:00(土曜は16:30~22:00、宴会は~21:30、ラストオーダーは昼30分前、夜45分前) 日祝休(宴会の場合のみ営業)
http://www.nonoki.jp/

都庁前駅ページ最上部へ
illustration by Hiroshi Kawai, text by Jun Tanefuji
郷土料理百選へ戻る