> レシピトップページ > 北海道・東北地方の郷土料理レシピ一覧 > 秋田県の郷土料理(選定料理)稲庭うどん

関連企画

郷土料理百選トップページ

郷土料理百選ラボ

郷土料理百選
冊子配布/タペストリ貸出について

第3回 日本全国こども郷土料理サミット

日本全国こども郷土料理サミット

新着レシピ

ご意見・ご要望


広告



秋田県の郷土料理(選定料理)稲庭うどん

- 1665年から伝わるとされる独特な製法 -

冷やし稲庭うどん

 農林水産省選定「農山漁村の郷土料理百選」で選ばれた秋田県の郷土料理。

 独特の手延べ製法で作られた干しうどんです。細めの麺はゆで上がりが早く、なめらかな舌触りとツルツルとした喉越しが特徴です。

 1665年に、稲庭吉左ヱ門がその独特な製法を確立したといわれています。生産量に限りがあったこともあり、古くは秋田藩の名品として各藩への贈答品に用いられており、高級品として知られていました。

 現在では家庭や飲食店にて寒い時期には温麺で、暑い時期には冷やし麺で、一年中食されています。秋田県の代表的な名産品として知られており、お土産としての人気も高いです。


冷やし稲庭うどんのレシピ

 分量:2人前
印刷用ページ
市販の稲庭うどん200g
なめこおろし20g
大根おろし1/4本分
かいわれ1/2束
大葉2枚
出汁巻き玉子卵1個分
刻みのり適量
いくらお好みで
かつお出汁100cc
特製かえし20cc
1.
市販の稲庭うどん200グラムと、写真の具材を揃える。
2.
稲庭うどんを茹でる。
※大きな鍋を使うのがお薦め。うどんが広がり、バランスよく茹でることができます。
3.
うどんを冷水でさらす。氷水で冷やすとうどんがよりしまって、食感が楽しめます。うどんの表面についている粉を取れるようにゆがいて下さい。
4.
うどんをお皿に取り、用意した食材をのせる。
5.
かつお出汁と特製かえしを入れ、お好みの薬味をかけて完成。

※特製かえしの作り方
1.濃口しょうゆとたまり醤油、みりん、ざらめを沸かす。
2.追い鰹を入れる。
3.冷暗所で1~2週間置いて、完成。

※薬味。ねぎの代わりに、刻んだわけぎを使うのがお薦めです。

レシピ協力“寛文五年堂

寛文五年堂

寛文五年(1665年)の頃より稲庭の里に伝わる手づくりの『手綯いうどん』が食べられるお店。

同品はモンドセレクション最高金賞を9年連続受賞。


30品目を超える稲庭うどん

寛文五年堂

秋田県秋田市中通1-3-5 秋田キャッスルホテル店2F

JR羽越本線 秋田駅 10分

電話番号: 018-834-1141内線415

営業時間: 11:30~21:30(ラストオーダー21:00)

平均予算: 5,000円

定休日: 日曜日・年末年始


秋田県の料理をもっと見る

おすすめピックアップ


早うま料理

チャレンジ料理

パーティ料理

ご飯物の料理

ご当地料理
各アイコンをクリックすると該当する郷土料理一覧がご覧頂けます。
(選定料理)稲庭うどんは早うま料理です。




運営・企画 ロケーションリサーチ株式会社 TEL:03-5244-9484

郷土食文化を伝える料理店、食品会社、宿泊施設の皆様へ
掲載のご案内(PDFファイル 2.4MB)

Copyright(c) 2008 Rural Development Planning Commission All Rights Reserved.