> レシピトップページ > 近畿地方の郷土料理レシピ一覧 > 滋賀県の郷土料理(選定料理)鴨鍋

関連企画

郷土料理百選トップページ

郷土料理百選ラボ

郷土料理百選
冊子配布/タペストリ貸出について

第3回 日本全国こども郷土料理サミット

日本全国こども郷土料理サミット

新着レシピ

ご意見・ご要望


広告



滋賀県の郷土料理(選定料理)鴨鍋

- 寒い冬にほっと一息。カモとねぎの相性は抜群! -

鴨鍋(鴨すき鍋)

 農林水産省選定「農山漁村の郷土料理百選」で選ばれた滋賀県の郷土料理。

 冬の訪れとともに、琵琶湖に飛来してくるマガモを、豆腐やネギなどの野菜と一緒に煮込んで食す鍋料理です。寒い冬を乗り切るマガモは脂が多くのり、しっかりとした歯ごたえと脂身の甘さが特徴。「鴨が葱を背負ってくる」ということわざの通り、カモとネギの相性は抜群。

 天下人の豊臣秀吉が鴨鍋を好み、カモの飼育を行うよう推奨したという説が残っています。

 元々は魚を取る網にかかったカモのみを食していましたが、現在では冬季に限り猟が許されており、11月から3月にかけて脂がのった鴨料理を食べることができます。


鴨鍋(鴨すき鍋)のレシピ

 分量:4人前
印刷用ページ
鴨肉800g
ねぎ4束
せり2束
焼き豆腐1丁
糸こんにゃく200g
玉子4個
昆布だし1,000cc
100cc
薄口しょうゆ130cc
砂糖100g
1.
昆布だしに砂糖、薄口しょうゆ、酒をあわせる。
2.
すき焼き鍋に1のだし汁を適量入れる。
3.
沸騰しただし汁の中に鴨肉の雑身。ひと口大の焼き豆腐、糸こんにゃく、ねぎ、せりを順に入れる。最後に鴨肉をねぎの上に一枚ずつ並べる。
4.
鴨肉の色が変わったら完成。お肉で野菜をまいて、卵につけお召し上がり下さい。
調理のコツ
鴨肉は完全に火を通すと固くなるので、ぜひレアの状態でお召し上がりください。せりの代わりに三つ葉を用いても良いです。冬場は熱燗とだし汁をあわせたものを飲むと身体が温まりますよ。だし汁は甘い味付けなので、辛口の日本酒との相性が良いと言われてます。
千茂登 店主 三好

レシピ協力“千茂登

千茂登

豊かな自然と歴史に育まれた町、長浜。街を南北に走る北国街道と、長浜の城下町の昔ながらのたたずまいの中に、黒壁をはじめとする新しいまちづくりの息吹が融和し、どこか懐かしくて新しい、趣のある街です。

そんな中に千茂登があります。1日4組限定の小さな料理旅館。周辺には美術館や博物館、体験教室なども数多くあり、少し足を伸ばせば高月の観音めぐり、さらには周囲を取り囲む雄大な琵琶湖と伊吹の山々の自然等、1日ゆっくりくつろいで観光を楽しんでいただけます。  夜は千茂登自慢の郷土料理をお楽しみください。極上近江牛のすき焼きをはじめ、夏はうなぎ料理、冬は天然鴨料理(鴨すき)が名物です。御予約いただければ、御食事のみのご利用もできます。


長浜 黒壁すぐそば 料理とお宿

千茂登

滋賀県長浜市朝日町3-1

最寄り駅:

JR北陸本線 長浜駅 5分

電話番号: 0749-62-6060

営業時間: 11:30~14:00、17:00~22:00

平均予算: 昼2,000円、夜10,000円(夜は完全予約制)、宿泊14,000円~

定休日: 月曜日(月曜祝日の場合は火曜日)


滋賀県の料理をもっと見る





運営・企画 ロケーションリサーチ株式会社 TEL:03-5244-9484

郷土食文化を伝える料理店、食品会社、宿泊施設の皆様へ
掲載のご案内(PDFファイル 2.4MB)

Copyright(c) 2008 Rural Development Planning Commission All Rights Reserved.