> レシピトップページ > 中国・四国地方の郷土料理レシピ一覧 > 香川県の郷土料理(選定料理)あんもち雑煮

関連企画

郷土料理百選トップページ

郷土料理百選ラボ

郷土料理百選
冊子配布/タペストリ貸出について

第3回 日本全国こども郷土料理サミット

日本全国こども郷土料理サミット

新着レシピ

ご意見・ご要望


広告



香川県の郷土料理(選定料理)あんもち雑煮

- あんこと白味噌!?意外な組み合わせ -

あんもち雑煮

 農林水産省選定「農山漁村の郷土料理百選」で選ばれた香川県の郷土料理。

 煮干しと白味噌の汁に、大根、にんじんなどを入れ、丸もちを入れて食すお雑煮。あんこ入りの餅を使うのが特徴。

 白味噌を使うのは、保元の乱(1156年)に敗れ、讃岐に流された崇徳上皇のもとへ京から行き来する人々によって伝えられたといわれています。もちの中にあんを入れたのは江戸時代、「讃岐三白(塩、砂糖、木綿)」と呼ばれた名産品の砂糖を正月に楽しむため、庶民が小豆あんもちの形でこの料理に取り入れたそうです。

 現在でも、香川県では正月に多くの家庭で食べられています。


あんもち雑煮のレシピ

 分量:5人前
印刷用ページ
丸もち
(あん入り)
5個
金時にんじん
(3~5cm太)
80g
大根
(3~5cm太)
50g
煮干しのだし汁約5カップ
白みそ100~130g
豆腐1/3丁
青のり少々
1.
大根、金時にんじんは3mmほどの輪切りにする。
2.
煮干しでだしを取り、1を入れて煮る。
3.
野菜が煮えたらもちを入れ、少し柔らかくなったら、白みそを汁で伸ばして入れる。
4.
3cm角の1cmの厚さに切った豆腐を入れて一煮立ちする。
5.
椀に盛り、さっとあぶった青のりをふる。
6.
具は地域によっていろいろで、里いも、ごぼう、油あげを取り合わせたり、椀に盛った際、花かつおや青ねぎを散らす地域もあります。

家族仲良く円満でありますようにとの願いを込めて、野菜は輪切りにするといわれています。

正月のお雑煮にあんもちを使うのは、全国的にも珍しく、讃岐ならではの味です。

レシピ協力“香川県農政水産部農業経営課

香川県農政水産部農業経営課

本レシピは「さぬき味の歳時記」より抜粋し紹介しています。

「さぬき味の歳時記」では「香川県の特産物と新しい料理」、「伝えていきたい伝統的な郷土料理」を数多く紹介していますので、ぜひご覧ください。

「さぬき味の歳時記」はこちらよりご覧ください。

また、香川県の味を東京で味わいたくなったら、「香川・愛媛 せとうち旬彩館」へお立ちよりください。

「讃岐うどん」や「伊予の鯛めし」など、香川県と愛媛県の伝統郷土料理をはじめ、讃岐三畜や岬あじ、岬さばなど両県の良質な農林水産物を食材としたせとうち料理を味わうことができます。

「香川・愛媛 せとうち旬彩館」の詳細はこちらからご覧ください。


さぬき味の歳時記

香川県農政水産部農業経営課


香川県の料理をもっと見る





運営・企画 ロケーションリサーチ株式会社 TEL:03-5244-9484

郷土食文化を伝える料理店、食品会社、宿泊施設の皆様へ
掲載のご案内(PDFファイル 2.4MB)

Copyright(c) 2008 Rural Development Planning Commission All Rights Reserved.