農山漁村の郷土料理百選 食べてみたい!食べさせたい!ふるさとの味 人気投票!
宮城県の候補料理一覧

このページに掲載されている料理は「農山漁村の郷土料理百選」選定時、 候補となった料理です。掲載情報は選定時(平成19年)に関係機関等から寄せられたもので、内容や画像についての個々のお問合せ対応は出来かねます。

農山漁村の郷土料理百選」選定料理は下記URLをご覧ください。
http://www.rdpc.or.jp/kyoudoryouri100/recipe/selection/1

「農山漁村の郷土料理百選」との企画提携、及び郷土料理百選の選定料理(説明文、画像、レシピなど)に関しては、 ロケーションリサーチ株式会社(電話番号: 03-5244-9484)にお問い合わせください。

広告


001
あざら
白菜の古漬けとメヌケのあらを用いた濃厚で美味な粕汁。古くから、気仙沼地方の家ごとに秘伝ともいえる味で伝わっています。ぶつ切りにしたメヌケのあら煮に、酸味の出てきた白菜を煮たものを入れ煮立て、塩、醤油で味を調え、酒粕を加えてとろ火でゆっくり煮ます。
002
油麩入り煮しめ
県北部の本吉・登米地方では、お盆の頃になると油麩が出回り、お煮しめ、うどんや、はっと汁の具、茄子炒め等いろいろな料理に利用されます。油麩は、直径5センチ程の棒麩の表面が油で揚がった状態のもの。煮しめには、大体の材料が柔らかくなった頃に、1.5センチ位の厚さに切って入れ、砂糖、酒で少し煮、醤油を入れて更に煮しめます。
003
いか人参
スルメとイカを細切りにし、醤油と日本酒とみりんなどで味付けをします。各家庭で主に晩秋から冬にかけて作られ、おつまみ、おかずとして親しまれています。
004
イナゴの佃煮
米どころならではの素朴なふるさとの味。イナゴを沸騰した湯の中に入れ赤くなるまでゆでます。ゆでたイナゴは羽根と足をとり、よく水洗いをし、醤油、砂糖を入れてかき混ぜながらとろ火で汁がなくなるまで煮込めばできあがりです。
005
イノハナご飯
俗称「いのはな」は、コウタケ、シシタケ、ススタケとも呼ばれるナラの雑木林に群生するキノコです。色は黒っぽく、大きな針をもち、形もグロテスクですが、香りも味もよく、きのこご飯の中でも最高といわれます。
006
おくずかけ
だしをきかせた汁に、細かく切ったたっぷりの野菜と宮城県白石市の名産品の胃に優しいとされる白石うーめんを加え、片栗粉でとろみをつけた、あんかけ料理です。 各家庭で採れた野菜を使い、郷土色たっぷりの精進料理とされ、お盆、お彼岸の時期になると食卓に出される家庭が多いです。 また、レストランや学校給食にも出されます。
007
おぼろ汁
おぼろ豆腐は、おぼろ月夜のように霞み、ふんわりと浮いている豆腐の形容からきた名です。江戸末期、上方の僧の伝授とされる涌谷町独特のもの。おぼろ汁は、この豆腐を用いた精進料理の一つです。
008
カキめし
松島湾をはじめとする宮城県の養殖カキは、広島産とともに昔から全国に名高い。この新鮮なカキを使い、混ぜ御飯としたのが「かき飯」です。おとしガキに醤油、砂糖、みりん、塩を加え煮、その煮汁と昆布だしで米を炊き上げ、煮揚げたカキ、みじん切りのミツ葉をのせます。
009
カキ料理
松島(仙台)湾は、牡蠣の名
産地で、広島のものと比べると
小ぶりですが、味も滋養も濃く、
本当の牡蠣の味は「ミルクの味」
がして、「海のミルク」と言われ
ています。柚子やレモン汁、三
杯酢で食べる生牡蠣の、そのほ
んのりと甘い香りがするおいしさは格別ですが、「カキフライ」「かき鍋」「かきの土手鍋」等も季節の料理として好まれています。
010
からしまき
ツーンとくる辛さが多くの
ファンを持つ、からし巻。1
本ずつ丁寧に巻いたシソがお
いしさの秘訣。
011
からみ餅
宮城県には二十種以上の餅料理が伝わっていますが、からみ餅は、味の性質上、独立してではなく、餅御膳などの向付として用いられることが多いです。作り方は、大根をおろして軽く水気を切り、食べやすい大きさに切った餅を入れてからめ、醤油をかけて食べます。また、なます餅として、酢、塩で調味することもあります。
012
牛タン焼き
牛タンは牛の舌部を指し、タンは英語のtongueから由来しています。太平洋戦争後に仙台に駐留米軍が残したタンとテールを有効に活用するために焼き鳥店が牛タン焼きの専門店を開業したことが始まりです。高度成長期に仙台の単身赴任者などにより全国的に知られました。
013
クジラの味噌焼き
かつて、牡鹿町(現石巻市)鮎川港は捕鯨基地として栄え、地域では数々のクジラ料理が食されてきました。
 クジラの味噌焼きもその一つで、本場鮎川では、鯨肉に薄く塩をふり、一日位さっと干し、醤油、酒などを入れ、とろみをつけた味噌に一、二日つけた後、あみ焼きにします。
014
ごろんべ鍋
栗原地方でたくさんとれるドジョウを使っての鍋料理。「ごろんべ」という名は、昔「ごろべえ」という人が好んで作ったのでこの名があるといいます。ドジョウに大根、ゴボウ、人参などの野菜をたっぷり加え、酒粕をいれてコトコト煮、塩と醤油で味付けします。
015
サケのあら汁
サケは紅葉の頃ふるさとの川に帰ってきます。「秋味」とも呼ばれ、昔から北国の人々の生活と深く結びつき、食卓を賑わしてきました。サケを三枚におろし、頭と骨の部分まで無駄なく使って作るこのあら汁は、先人の確かな生活の知恵を伝えています。
016
笹かまぼこ料理
生食でわさび醤油を付けて
食べるのが最も一般的な笹か
まぼこですが、白身魚の淡泊
な味の笹かまは、どのような
料理にも良く合い、アイディ
ア次第で様々に変化します。
017
笹まき
端午の節句に白石地方で作る「ちまき」の一種で、武者人形の前に供え、子供の成長を祈り祝います。青笹に包むため10日位保存がきくことから、保存食としても利用され、郷愁を誘う「故郷の味」として、他郷の人々にも送られ、喜ばれています。
018
しそ巻き
仙台味噌に砂糖を加えて、甘辛くし、青しその葉で巻き、揚げ焼きにします。風味豊かで、食欲をそそり、お茶うけ、ご飯のおかず、お弁当の一品に重宝します。青しその葉のとれる夏の季節になると各家庭で作られ、保存がききますので、宮城県内のスーパーや道の駅などでも、手作り品として売られてもおります。
019
じゅうねん汁
ジュウネン(エゴマ)は現在では主に鶏のえさなどに用いられていますが、ゴマと同様、あえ衣などにも適しています。じゅうねん汁は仙北の小牛田地方で、冬場によく作られています。よくすりつぶしたジュウネンは油がにじんで香りがよく、とろりとした舌ざわりは味噌汁の風味を高めてくれます。
020
白石温麺
今から400年前の江戸時代初
期。胃病の父を心配した孝行息
子が、旅の僧から油を使わず胃
に負担をかけない麺の作り方を
教わりました。苦心して身につ
けた「小麦粉」と「塩水」だけで造ったその麺を父に食べさせたところ、父に食欲が戻りたちまち回復したそうです。この話は町中に広まり、白石の領主の片倉公からその温かい思いやりを誉められ「温麺」と呼ぶことになったと伝わっています。
021
ずんだばっと
すいとんに似た郷土料理で、米の代わりの代用品として食べていた、古くから親しまれている家庭料理の一つです。小麦粉
に塩少々を加え、ぬるま湯で、耳たぶくらいの固さにこねて、ぬれぶきんをかぶせて、一晩冷蔵庫でねかせる。 だし汁と野菜、紙みたいに薄くのばしたはっとを加えて煮た「はっと汁」が有名です。 もちの代わりにはっとをからめた、ずんだばっとも美味です。
022
ずんだ餅
米どころの宮城には笹巻き餅、くるみ餅、納豆餅、しょうが餅、ごま餅など数十種類
の餅料理があり、年中行事や
お祝い事に欠かすことのでき
ない伝統料理です。
 なかでもずんだ餅(じんだ餅)は最も代表的で、仙台地方の名物になっています。「ずんだ」とは枝豆の事です。
023
セリの漬物
セリには、田のあぜなどの生える田ゼリと水辺で長く伸びる水ゼリがあります。栽培物として、藩政の頃から極寒の「下余田のセリ」(名取市)が全国的に有名で、その収穫風景は、春を呼ぶ風物詩ともいわれてきました。セリは高い香りと心地よい歯触りとで親しまれており、特に塩漬けは、正月の雑煮にも添えられ、さっぱりした風味で人気があります。
024
仙台雑煮
仙台雑煮は、地の利から海山の幸をふんだんに入れた豪華さで有名です。松島湾でとれるハゼの焼き干しでだしをとり、すまし汁に。これに大根、人参、ゴボウの引き菜を解凍したもの、戻したカラトリと凍り豆腐に醤油で下味をつけ、ハゼ、餅、セリ、はらこ、鳴門かまぼこなどをのせ、汁をかけます。
025
仙台白菜漬け
仙台白菜は、日清戦争に出征した第二師団が中国から種子を持ち帰り、栽培したのが始まりです。以後松島湾内の島で採種が行われ、県内各地で栽培されるに至り、県の特産となりました。
026
凍み餅
厳寒の頃、農家の開け放した長い廊下の天井などに、藁で凍り豆腐のように編んだ餅が吊り下げられます。寒さを逆に利用して作るこの凍み餅、乾くとそのままでも食べられます。昔は寒中に作り、田植え時の小昼や子供のおやつに用いました。
027
ドンコ汁
ドンコは、口が大きく姿はグロテスクな魚ですが、味は淡泊でうまみがあり、とくに冬の初めは脂がのっておいしく珍重されます。
 ドンコは頭ごと内臓を取らずにぶつ切りにし、大根、人参、ゴボウなどの野菜を入れ、好みによって醤油、味噌で調味し、最後に豆腐とネギを入れて、大ぶりのどんぶりであつあつを食べるのが一番です。
028
長茄子漬け
長なす漬けは、宮城県仙台の漬物で、すんなりとした細長いなすを塩漬けや醤油漬けにしたものです。柔らかくて、上品な味わいで、温かいご飯はもちろんこと、酒の肴やお茶請けなどに食されています。仙台長ナスは、伊達藩の時代から作られてきた400年の歴史を持つともいわれる東北の気候に合った早生品種で、紫紺長茄子とも呼ばれ、10〜12センチの小ぶりの細長いナスです。色ツヤもよく皮が薄いので漬物用として最適な品種とされています。
029
ばっけみそ
冬がおわって雪解けがすすみ、地面が顔を出すようになってくると、地面から顔を出してくるのが「ふきのとう」です。このふきのとうをこちらでは「ばっけ」と呼びます。ふきのとうの天ぷらは、春先の味覚としてよく知られていますが、こちらではみそ和えにした「ばっけみそ」もよく食べられており、みその風味とふきのとうの香りとほろ苦さが炊きたてのご飯に大変よくあいます。もちろん、酒の肴としてもお勧めです。
030
はっと汁
小麦粉に水を加え,耳たぶ程
度のかたさになるまでよく練り、
適当な時間(季節により異なり
ます)寝かせる。そして、その
熟成した生地を、指で薄く延ば
しながら醤油仕立ての汁に入れ
茹であげます。また、お湯で茹
でて、あずき、ずんだ、ジュウ
ネン(エゴマ)などに絡めたりもします。ツルツル、シコシコの食感がやみつきになる郷土料理、それが「はっと」です。
031
はらこ飯
福島県から宮城県へと流れる阿武墨川は昔から鮭が上る川として有名で、藩制時代は仙台藩主はもちろんのこと将軍家にも秋の味覚として謙譲されていました。腹子飯は仙台藩主貞山公(正宗)貞山堀の工事臨検の際、亘理藩の漁民が、鮭の腹子を御飯に炊いて献上したところ、喜ばれ、側近へ伝えてのが全国に広められる始まりだったようです。腹子とはイクラの方言で、鮭の身と子をつかった「鮭の親子丼」ということです。
032
ふすべ餅
「ふすべる」とは、「ふしべる」がなまった言葉といわれ、「こんがり焼く」という意味。昔から栗原地方で伝えられてきた「ふすべ餅」も、こんがりと焼いたドジョウを主な材料として使っていることから、このように呼ばれています。
 すりおろした大根とゴボウを、細かく刻んだ焼きドジョウとともに油で炒め、水を入れて煮、味噌や唐辛子で調味した汁に餅を入れてつくる料理です。
033
ホッキご飯
貝の王様と言われるホッキ貝。県内唯一の産地山元町では、旬になると町内の多くの家で伝統のホッキご飯を作ります。軟骨を取り除き線切りにしたホッキ貝に、人参の線切り、貝のむき汁、醤油、砂糖を加えて煮ます。ご飯は、この煮汁を加えて炊きあげ、調理した貝をのせ、蒸してできあがりです。
034
ホヤの酢の物
色や形などから「海のパイナップル」とも呼ばれるホヤは、海底の岩礁に着生する三陸特有の原索動物。独特の香気と苦味は、一度食べたら忘れられない珍味で、晩春から初秋、特に旬の初夏を中心に、酢の物など昔から親しまれています。酢の物は最も一般的ながら、最もおいしい食べ方です。
035
ホヤ雑煮
ホヤをだしと具に使った極めて珍しい雑煮。主に正月、石巻・志津川地方でつくられますが、具の豪華さ、引き菜はじめその共通な材料、醤油の味付けは仙台雑煮と似ています。ホヤの用い方、雑煮の作り方は、地域や家庭により異なるようです。
036
松葉汁
九月から十月、三陸沖は脂ののった秋刀魚の盛漁期となり、家庭でもサンマ料理が食卓を賑わします。鮮度の高いものは、刺身やぬた等にしますが、一般的には、塩ふり焼や煮魚、すり身汁等にすることが多いです。松葉汁は、大根の引き菜を水煮して、柔らかくなったらサンマのすり身を入れ、浮き上がったら味噌で味を調えます。引き菜を松葉にみたてた石巻地方の庶民の味です。
037
マンボウの酢味噌
南方に生まれ、六月から七月、黒潮に乗り三陸沿岸に姿を見せるマンボウは、気仙沼地方で夏の定置網に掛かることがあります。このマンボウを浜の人は珍重し、身を小指くらいにさいて冷やし、酢味噌に和えて食べます。
038
蒸しほや
ほやは、関東以南の方は本当になじみのないものです。ほやは鮮度が問題で、鮮度低下が早いので、すぐに蒸したりして、加工します。本当にとれたてのほやは、むしろ驚くほど甘くて磯の風味満点です。産地ではとれたてをざっくりと2〜4当分にして内蔵などを取り除き、そのままの塩加減もしくは、塩を振って蒸します。
039
メカブ漬け
ワカメの苅り採ったあとの根元の部分をメカブといい、メカブ漬けは気仙沼地方で昔から親しまれてきた早春の味です。メカブのひらひらの部分を一口大にそぎ湯通しし、緑色になったものに、ニンニク、ショウガ、トウガラシをまぜ醤油で漬けます。
   
 
 
 
北海道 青森 岩手 秋田 宮城