農山漁村の郷土料理百選 食べてみたい!食べさせたい!ふるさとの味 人気投票!
兵庫県の候補料理一覧

このページに掲載されている料理は「農山漁村の郷土料理百選」選定時、 候補となった料理です。掲載情報は選定時(平成19年)に関係機関等から寄せられたもので、内容や画像についての個々のお問合せ対応は出来かねます。

農山漁村の郷土料理百選」選定料理は下記URLをご覧ください。
http://www.rdpc.or.jp/kyoudoryouri100/recipe/selection/1

「農山漁村の郷土料理百選」との企画提携、及び郷土料理百選の選定料理(説明文、画像、レシピなど)に関しては、 ロケーションリサーチ株式会社(電話番号: 03-5244-9484)にお問い合わせください。

広告


001
明石ダイ(鯛料理)
タイといえば明石ダイと言われるほど有名な明石ダイは、昔から活きのよさとおいしさで定評があります。その秘密は豊富なエサ。明石海峡はイカナゴやエビ、カニが多く集まった石膏のエサ場です。それらを食し、激しい潮流にもまれて育った明石ダイは、グルメ番組でもとりあげられるなど全国に通じる明石ブランドです。
002
明石の卵焼き
全国的に知られた「明石焼」を地元では「玉子焼」といいます。この玉子焼は、小麦粉とでん粉、玉子、タコを使って銅版の上で焼き上げます。そしてできあがった、玉子焼を四角い板の上にのせて、昆布のつけだしにつけて食べます。やわらかく焼きあがった玉子焼をつけだしにつけて食べる明石の玉子焼は絶品です。
003
明石焼き
明石市には、卵焼きともいえるたこ焼き、通称明石焼きがあります。食べるときは、だし汁のようなたれをつけて、いただきます。
004
いかなごのくぎ煮
いかなごのくぎ煮は明石の名物となっています。昼網は神戸にも届きますので、春先になりますと、大勢の方がお作りになります。「生の新子」を優しく、手早く調理しないといけません。出来上がった姿が「釘」に似ていることから、「くぎ煮」と名づけられようです。長期保存が可能でカルシウムを多く含んでいます。
005
お好み焼き
水と卵で溶いた小麦粉に、小さく切ったキャベツ、肉、魚介などを入れ、鉄板で平たく両面を焼いたもの。ソース、マヨネーズなどをぬり、味付けします。
006
かつめし
加古川市周辺だけに「かつめし」という食べ物があります。平皿に炊き立てのご飯を盛り、その上にビーフカツレツをのせて、ドミグラスソース風のタレをかけたもので、お箸で食べます。和洋折衷の少し変わった食べ物です。
007
カニすき
兵庫県の日本海側で水揚げされる松葉ガニをつかった鍋です。
008
黒豆煮
丹波地方では、良質な黒豆を栽培しており、その粒の大きさ、つやは右にでるものがなしといわれるほどです。また、煮上がりの味のよさは抜群、いくら煮ても皮がむけないのが特徴です。お正月のおせち料理をはじめ、年間通して、利用されています。
009
神戸ビーフ(ステーキ)
 
010
鯖寿司
各地で名産とされることの多い鯖寿司ですが、兵庫県でも明石・淡路地方にみられます。
011
出石そば
仙石氏が信州上田から出石への国替えの際、そば職人を連れて来たのが始まりと言われています。透き通るような白さを持つ出石焼の小皿に少量ずつ盛って出され、ヤマノイモのとろろが薬味についてくるのが特徴です。町内にあるソバ屋では『三たて』(挽きたて、打ちたて、ゆがきたて)が守られているとか。
012
兵庫の魚料理
兵庫県には鮮魚の宝庫で、淡路島、家島諸島を含む播磨灘と日本海山陰地方を有し寒暖の差が激しく、魚介類の種類も様々なものがあります。播磨灘で獲れるアナゴは、六世紀の頃から朝廷へ献上品として知られたもので、鰻より淡白な味が好まれています。またこの地方では大アナゴのことを「でんすけ」と呼び、様々に調理されています。近海で捕れる代表的な魚は、鯛、ヒラめ、アナゴ、タコ、カレイ、アイナメ、皮はぎと数えたらきりがない程です。
013
ボタン鍋
丹波篠山は、山の幸に恵まれていて、秋になると黒豆の枝豆や大粒の丹波栗が採れ、そして冬になるとぼたん鍋の季節になります。丹波は猪肉の本場で、その代表がぼたん鍋です。「雪がちらちら丹波の里で、猪(しし)が飛び込むぼたん鍋」と、でかんしょ節に歌われてます。猪の肉の盛り付けた姿が、牡丹の花を思わせるところから、名がつけられたそうです。猪の肉は煮込む程柔らかくなり、栄養的にも優れています。
014
松葉ガニ
冬の香住のカニはズワイガニの雄、通称『松葉ガニ』と呼ばれているもの。日本海沖で底引き網を使い捕獲された新鮮なカニは、煮るも良し、焼くも良し、生で食べるも良し。本来の味を楽しむならボイルしてそのまま食べるのが一番。香住をはじめ但馬を代表する冬の味覚です。
 
 
 
北海道 青森 岩手 秋田 宮城