農山漁村の郷土料理百選 食べてみたい!食べさせたい!ふるさとの味 人気投票!
鳥取県の候補料理一覧

このページに掲載されている料理は「農山漁村の郷土料理百選」選定時、 候補となった料理です。掲載情報は選定時(平成19年)に関係機関等から寄せられたもので、内容や画像についての個々のお問合せ対応は出来かねます。

農山漁村の郷土料理百選」選定料理は下記URLをご覧ください。
http://www.rdpc.or.jp/kyoudoryouri100/recipe/selection/1

「農山漁村の郷土料理百選」との企画提携、及び郷土料理百選の選定料理(説明文、画像、レシピなど)に関しては、 ロケーションリサーチ株式会社(電話番号: 03-5244-9484)にお問い合わせください。

広告


001
あごのやき
あごとは、トビウオのことで、のやきはちくわを大きくしたような形をしている。トビウオは回遊魚で、山陰沿岸には産卵のために5月〜7月にかけて来遊します。漁獲シーズンは刺身でも食べ、のやき、かまぼこ、あごだしなどに加工されている。昔から庶民的な食べ物として、酒宴の肴にはなくてはならないものであった。
002
味おこわ
祭などで作られていたもので、山間部では山の幸、海岸部では 赤貝などで作られた米料理の一品で、豊富に入っている具が栄養をみたしている。
003
小豆汁の雑煮
小豆は、昔から慶事に赤飯や餅のあんなどとして、生活の節目に登場する食材の一つです。小豆雑煮は、茹でた小豆を砂糖で甘く味付け、それに餅を入れて煮たもので、新年に食して祝います。
004
いがいめし
青谷町夏泊で採れたいがいをむき身にして味付けご飯にした夏の味で、盆のもてなし料理として古くから伝わる。
005
いかめし
日本海では、昔から新鮮なイカがたくさん捕れる。そのイカを使った、手間のかかった料理が伝わっている。
はらみいか、イカずしとも呼ばれている。
006
イギス
いぎす草とは、天草の一種で、初夏に海岸に流れてきます。これをを使った料理は精進料理にはなくてはならない料理です。
007
いただき
「いただき」は、油揚げに包まれた炊き込みご飯です。
008
いもぼた
昔から水田に恵まれない弓浜地帯では、主作物として栽培されたさつまいもと、のどごしを良くするさといもを加え、ぼたもちを作り間食にしていた。現在では、色づけなどアレンジして三色いもぼたともいわれている。
009
いわし団子
弓ヶ浜半島の境港をはじめとする県内の漁港では、4月から5月にかけてイワシ漁が最盛期を迎えます。そんなイワシを豪快に叩いて作るのが「いわし団子」です。
010
大山おこわ
古来、大山は修験者の道場として知られ、修道者のための山菜を主にした精進料理が発達してきました。これは大山こわめしとも大山こわみしとも呼ばれて、大山山麗と米子周辺に見られる味付けおこわで、僧兵達の携行食だったり、木こりの厳しい労働に対応した変わり弁当だったりと様々な説があります。
011
大山そば
今から約800年程前、大山寺の僧侶「基好上人」が、広い大山の裾野を利用して牛馬の放牧やそば作りを奨励されました。それ以来、大山の裾野では、そば作りが盛んに行われるようになり、甘皮までたっぷり挽き込んだ黒い色と素朴な味が人気を呼び、「大山そば」として有名になりました。
012
お雑煮
小豆は赤、もちは白ということで、紅白めでたいお雑煮です。 家庭によっては、お椀に入れたあと、好みで砂糖を入れて食べることもあるみたいです。
013
柿の葉寿司
中国山地に近い八頭郡や伯耆地方の山間部に伝わっている郷土料理で、明治時代には盆の精進落とし、もてなしの一品として作られていました。柿の葉ずしには、当時の貴重なタンパク源として塩ますを使い、また、柿の葉を使うことにより高血圧の予防・防腐効果もあります。
014
かにめし
日本海の海の幸・カニを使った豪快で贅沢な浜の料理です。羅・内子・外子をはずしたカニを、ぶつ切りにして、ごはんと一緒に炊き込んだものです。食べると、カニの風味が口いっぱいに広がります。
015
カニ汁
カニのおいしい山陰の中でも日本海一の漁獲高をほこる境港で、漁師の料理として作られていたのが「カニ汁」です。とれたてのカニのだしで作った味噌汁は風味抜群です。
セイコと呼ばれる松葉ガニのメスを使って作られますが、なかなか地元以外では手に入らないようです。手に入らない場合は、他のカニでも美味しく作ることができます。
016
呉和え(くれあえ)
枝豆で作った緑の美しい野菜料理で、山村では枝豆を塩漬にして保存し、茸を和えて祭りにも食べる。
017
こも豆腐
祭りや、正月などの祝い事にはかかせぬ料理で、こもで包んだわらの筋跡の美しい豆腐料理である。
この地方では、家代々受け継がれてきたが、現在では子供等に伝わっていない滅びゆく料理の一つである。
018
砂丘長芋のさしみ
鳥取の砂丘で育った長イモは「砂丘長芋」と呼ばれます。水分をたっぷり含んで口当たりもスッキリとしており、栄養も豊富です。
019
さばずし
海に遠い地域での冬の料理として、古くから正月に欠かすことのできない料理であり、また、保存食として珍重されている。
020
じゃぶ
現在のように肉が簡単に入手できない頃、自家用の鶏を処理・料理したもので、祭り・正月・人寄せのご馳走としての一品である。
021
精進料理
その昔、山伏たちが荒修行を重ね、高僧によって寺院が興された大山。そんな歴史に育まれ、受け継がれてきたのが精進料理です。山麓で採れた山菜だけを使った料理で、うなぎのように見えるのは豆腐と長芋と海苔で作られた一品。刺身は、わらびくず。風土の味を舌だけでなく、目でも楽しむことができます。
022
トウガラシ豆腐
(資料がありません)
023
トウガラシ味噌
文政11年(1828)5月頃、に勝見(かちみ)集落に大火があり、ほとんどの家が焼失するなかで焼け残った薬師堂に村びとがこもり、願をかけて「トウガラシ味噌」を作って、これをなめながら集落の復興に力を尽くした。
大火は5月頃であることから保存ができるように ごま・味噌のほかに、元気が出るように赤トウガラシを加えたのではないかと考えられる。以後、防火意識の向上のために、毎年薬師堂を会場に当時を忍んで「トウガラシ味噌」をなめながらにぎり飯で食事をする行事を、人々が忙しくない旧正月の4日に実施し続けている。
024
豆腐めし
豆腐めしは、葬儀の賄いをした女性たちが、賄いが終わった後で食べていたものがその起こりのようです。もとは、豆腐に大根や菜っぱを加えただけの簡素なものでしたが、しだいに山菜を豊富に使ったものになっていったようです。
025
とちの実入りのかきもち
かきもちは、調味料や具の入った餅を薄く切り、乾燥させたもので、栃の実入りの他、黒豆入り、人参入り、よもぎ入り、柚子入りなどがあります。
026
とちもち
とちの実を、地元のもち米とともに蒸して杵でつき、中山間地産の大納言小豆で作った餡を包み込んだお菓子です。
027
ネギ入り豆腐ちくわ
脱水させた木綿豆腐7割、白身魚のすり身3割(店によっては5:5、6:4)を練り込み、食塩・調味料を加えて蒸しあげたものです。その歴史は少なくとも慶応元年(1865)までさかのぼることが出来ます。最近ではネギ、青じそ、チーズなどを入れたものも作られるようになりました。
028
ののこ
鳥取県西部の弓ヶ浜島だけに伝わる変わりご飯で、ご飯を包む油揚げを、冬に着る半てんに見立て、これを布子(ぬのこ)というところから訛って、ののこになったと言われています。しかし、いつの間にか名前が変わり、今は「いただき」と呼ばれています。これは大山詣でのお供に持たれ、山の頂を思わせるところからの由来のようです。一見稲荷寿司のように見えますが、作り方は全く異なります。
029
ののこめし
名前の由来は、出来上がりの形が防寒用の綿入れ(ぬのこ)に煮ているので、少しなまって「ののこめし」と呼ばれるようになった、と言われています。かつては、漁師や農家の人々がお弁当に持って行ったと言われています。現在でも、寒の入りには、家族の健康を願って必ず作られ、代表的な郷土の味として伝承されています。
030
日野郡のそば
当地のそばは、豊かな自然の残る標高200m〜550mの中山間地で栽培される秋そばです。収穫時の昼夜の温度格差があることで、ほのかな甘みと風味の高いそばが生産されます。
この良質なそば粉と霊峰大山や中国山地から湧き出る美味しい水とが出会い、「日野郡のそば」として食べられています。
031
松葉ガニ料理
冬の味覚の代表であるズワイガニは、雄の親ガニに松葉ガニ(山陰)、越前ガニ(北陸)、雌の親ガニに勢子ガニ(北陸)、香箱(北陸)など、産地によって異なる呼び方があります。能登沖から隠岐島一帯が漁場となっています。11月から3月頃の産卵期に浅場に移動してきた時に底引網で捕獲します。ズワイガニの名前は定かではありませんが、一説によるとズイガニのズは頭で、カニの王様という意味の古語に由来するとも言われています。
032
みどり豆腐
風味豊かな青大豆を使い、ほんのり若草色に仕上げました。瀬戸内にがりの持つ塩分で、豆乳をやさしく凝固(かた)め、青大豆のコクと風味を丁寧に引き出しています。
033
焼き鯖の煮付け
焼いた鯖の身をほぐし、野菜と一緒に砂糖・醤油・味噌で甘辛く煮付けたものです。
034
らっきょうの甘酢漬け
鳥取砂丘らっきょうは大変キメ細かい砂で育っており、同じらくだ系のらっきょうの中でもひと味違います。掘りたての砂丘らっきょうをカメ壷に1粒1粒じっくり漬け込んで、甘酢漬けを作ります。
 
 
 
北海道 青森 岩手 秋田 宮城