農山漁村の郷土料理百選 食べてみたい!食べさせたい!ふるさとの味 人気投票!
愛媛県の候補料理一覧

このページに掲載されている料理は「農山漁村の郷土料理百選」選定時、 候補となった料理です。掲載情報は選定時(平成19年)に関係機関等から寄せられたもので、内容や画像についての個々のお問合せ対応は出来かねます。

農山漁村の郷土料理百選」選定料理は下記URLをご覧ください。
http://www.rdpc.or.jp/kyoudoryouri100/recipe/selection/1

「農山漁村の郷土料理百選」との企画提携、及び郷土料理百選の選定料理(説明文、画像、レシピなど)に関しては、 ロケーションリサーチ株式会社(電話番号: 03-5244-9484)にお問い合わせください。

広告


001
あまごの甘露煮
卵から育てたアマゴを炭火焼して乾燥、ハチミツ、みりん、しょうゆ等を加え3時間ほどゆっくり煮込みます。味がよくしみわたり、骨まで食べることが出来ます。
002
アメノウオの土手焼
昔、山に隠れ住んだ木地師たちが、平石を焼いて料理したのが始まりと伝えられる。
003
いぎす豆腐
いぎすは、浅海の岩礁に付く海藻(枝状になっている紅藻の一種)で、越智郡の島嶼部や海岸部では、古くからこれを使った「いぎす豆腐」が伝統(郷土)食としてつくられている。
004
石花汁(せっかじる)
大島の石切場で手近な石を使って昔から作られていたもので、熱く熱した石を入れ、ぶくぶくと沸き上がった様子がまるで花が咲いたように見えるのでこの名が付いたといわれている。
005
いずみや
別子銅山の開発に大阪から来た住友家が手法を伝えたもので、住友の屋号「泉屋」から料理の呼称がついたものと伝えられています。
当時は魚の中身がすし飯でしたが、米に恵まれなかった新居浜地方の人々は米の代わりに「おから」を使い、いずみやを作りました。魚はこのしろ、あじ、いわし、さば等をよく使いますが、鯛やあまぎを使うこともあります。ちなみに南予では「丸ずし」「ほうかんむり」と呼びます。
006
いもたき
初秋に月を見ながら、河川敷で大鍋を囲み懇親する行事食です。里芋と厚揚げ、鶏肉、その他の具は地域によって様々。宇摩地方や大洲地方のいもたきが有名です。
007
いももち
大三島町口総地区に戦前から伝わっている伝統(郷土)食。もとは、米の倹約のために作られたと思われる。
008
いわしのつみれ汁
瀬戸内海で大量にとれるいわしは、新鮮で味が良いため、昔から各家庭のお惣菜として広く作られてきた。
009
かじか料理
川魚特有の白身の”しまり”が愛好される「かじか」の料理。
かじか飯、かじかのつけ焼き、卵とじ、かじ
か汁などがあります。
010
かにめし
清流で採れた、つがに(もずくがに)の炊き込みご飯です。炊き上がったところで、器にかにの腹一匹分とこうらを1つを盛り付けて一人前となります。
(東予地方ではワタリガニを使用します。)
011
栗ごはん
愛媛県は栗の名産地の一つです。日中夜の温度差があり、その気候が栗の栽培に適しています。もち米と一緒に栗を炊きます。
012
栗タルト
ふんわり焼き上げたカステラ生地に餡を入れて巻き上げた松山銘菓。
餡の中に栗の粒をちりばめています。柚タルトは生柚の香り豊かな餡をカステラ生地で巻き上げています。
013
さつま(汁)
漁業が盛んな南予地方に伝わる郷土料理。「佐妻汁」とも呼ばれています。
焼き魚の身と麦味噌をだし汁で溶きながら、すり鉢ですりつぶし、ご飯や麦飯にかけて刻んだネギやゆずを散らします。
014
鯖めし
新鮮な鯖を三枚におろし、一口大に切り、しょうゆ、みりんを加え米とともに炊きます。炊き上がったらしょうよを加え、蒸すことにより、鯖の臭みがとれます。
015
しぐれ(お菓子)
団子粉、小豆、砂糖、塩等をこねて流し箱に流し箱に入れ蒸したお菓子です。
016
じゃこ天
じゃこ天は、愛媛県の海岸部で作られる魚の加工品。
近海で採れた魚を皮ごとすり身にして、長さ15センチ、幅10センチくらいの小判型に形を整え油で揚げた魚肉練り製品。原料としては、ホタルジャコ(ハランボ)が最適とされています。白身の天ぷらより色が濃く、魚本来の旨みが人気です。
017
しょうゆ餅
しょうゆ餅は、松山藩初代藩主、松平定勝が3月の節句に作って家臣に配り、繁栄を祝ったのが始まりとされている。
出来上がりの形も味も、家ごとに工夫がなされ、昔は、ひなあらし(ひな壇に供えたものを食べる(食べあらす)風習)に、食べ比べをして楽しんだともいわれている。
018
そばかりんとう
甘さを控えたかりんとうに、そばの実を練りこんだもので、さっぱりとした風味と歯ごたえが魅力です。
019
そばクッキー
そば粉を石臼で挽き、クッキーのキジに練りこんだ素朴で、そばの香り豊かなクッキーです。
020
そば寿司
米の変わりに蕎麦を使い、のりで巻いた料理。 そばつゆをつけて食します。
021
鯛そうめん
醤油やみりんで煮て味付けした鯛を、茹でた素麺の上に椎茸や薄焼き卵、ネギ等と一緒に盛り付ける料理で、祝の席に欠かせない料理です。
結婚式では「たいめん(対面)」とよむことから、「両家が目出度く対面したのを祝う」と言います。
022
鯛飯
激流の瀬戸内海で育った鯛は、身がしまり味も格別であり、その鯛を一尾丸ごと米といっしょに炊き込む、いわゆる「炊き込み風」のものです。木の芽や三葉等を加えると、風味も一段と増します。
023
鯛料理
鯛はその姿、色、形、味が魚の中で最高といわれ、また「めでたい」という言葉にその名前が通じることから、祝膳には欠かすことのできない存在です。特に激しい潮流にもまれ育った瀬戸内の鯛は全国一といわれています。名物の鯛めしは、その昔、神功皇后が朝鮮出陣の道すがら、鹿島明神に戦勝祈願した折、漁師から献上された鯛を吉兆と喜ばれ、それをご飯に炊いて供えたと伝えられています。
024
タコ飯
好物のえび、かに、貝類が多い瀬戸内海のたこはおいしいといわれ、その中でも春先に出る「木の芽たこ」と呼ばれる200〜400gの小だこは身がしまっていて一番美味です。
たこ飯はおそらく、地元の漁師たちが船の上で、取れたての自慢のたこをぶつ切りにしてお米といっしょに炊き込んだのがはじまりだろうといわれています。
025
たらいうどん
湯を張ったたらいに浮かせたうどんを、大豆、煮干し、しいたけ、松山揚げから作った醤油味のつけ汁で食べるものです。
026
つくし(ホーシコ)の煮つけ
つくしは「ホーシコ」と呼ばれ、独特の苦みが春の訪れを舌で感じさせてくれる、中予地方に伝わる郷土料理である。
027
ナマズがゆ
江戸時代から郷土料理として伝えられている東宇和郡宇和町永長(ナガオサ)地区では、稲作用の溜池を稲刈り前に池干しする。この時捕れるナマズ、コイ、フナ等を料理し、地区の人達が池の土手に集まって食べる風習がある。
028
ハマチの刺身
愛媛県は日本の中でも有数のハマチが獲れる県として知られています。活きがよく、脂ののったハマチは刺身で食べるのが美味しいです。
029
緋のかぶら漬け
濃い鮮やかな赤色を表す”緋”を頂いたかぶの酢漬け。このかぶがは、寛永4年(1627年)に松山城主となった蒲生忠知とともに、故郷の近江から伝えられた赤かぶともいわれている。かぶに含まれる色素のアントシアニンが、酢漬けにすることできれいに発色する。
030
ひゅうが飯
伊予水軍が九州の日向あたりからおぼえ帰った食べ方がこの地方に伝わったと言われています。
ぴちぴちした活きのいい魚を、火を使わず手早く調理するのが特徴で鯵など小魚の身を醤油、炒りゴマ、酒、みりんにつけて、溶き卵を加え、熱いごはんにかけて豪快にいただきます。魚の新鮮さが味の決め手になります。
031
ふかの湯ざらし
宇和島地方で捕れるサメをふかといい、四季を通じて賞味することができます。その昔、漁師が釣ったフカを売り物にもならないので、酢味噌で酒の肴にしたのが始まりと言われています。
フカを茹でて水に晒すと、身が白なり締まり、淡白な味に辛味の効いた酢味噌がよく調和して食欲をそそります。宇和島地方では冠婚葬祭に欠かせない料理です。
032
ふくめん
白、黄、緑、桃と色鮮やかな料理で、名前の由来は、こんにゃくを切ることを「ふくめ」と言うためこの名前となったとも、こんにゃくが見えなくなるまで「覆面」することからこの名前がついたとも言われています。
033
ほうたれの刺し身
瀬戸内海で大漁にとれる「かたくちいわし」は愛媛県では「ほうたれいわし」と呼ばれています。
食べ方としては庶民が生み出した生活の知恵的な料理の一種で、百回洗ったら鯛の刺し身にも劣らない味がするといわれています。
034
法楽焼
海賊料理とも呼ばれ、村上水軍が戦勝の祝いに作って食べていたと言われている。
035
ぼて茶
松山の気候風土にマッチした「ぼて茶」は、藩政時代に松山藩主より質素倹約のおふれが出され、その実践として、藩主の女房たちが寄り合いのもてなし料理にと工夫したといわれる。
036
もぶり飯
甘辛く煮た具(ごぼう、人参、里芋など)を炊きたての御飯に混ぜ合わせた料理です。「もぶり」とは方言で「混ぜる」の意味。御飯と具を混ぜ合わせることからこの名前がついたと言われています。
037
ゆねり
愛媛県西条地方に昔からある地方食で、柚の皮を砂糖と醤油で煮詰めたものです。
038
宇和島鯛めし
「宇和島鯛めし」は、宇和海で捕れた新鮮な鯛の切り身を、独特のタレ、生卵、ワカメ、ごま、海苔などとともにかき混ぜながら、豪快に、あつあつのご飯にかけて食べる宇和島地方の郷土料理です。
炊き込みの鯛めしと異なり、魚の新鮮さを生かした全国でも珍しい料理です。宇和海で活躍した水軍の船上での料理が起源といわれています。
 
 
 
北海道 青森 岩手 秋田 宮城